スカイマークを利用して国内旅行を満喫しました

大学卒業後、証券会社の採用が決まった

大学で経済学を学んだこともあり、その専門的な知識を生かした仕事をしたいと考えました。
そこで就職活動は銀行や証券会社を中心に行い、第一希望だった証券会社に採用が決まりました。
以前から株だけでなく投資そのものに興味があったので、証券会社でさらに知識を深めようという野心を抱いていました。
しかし研修が終わった後、配属された部署は営業だったこともあり、外回りが中心の仕事になりました。
すでに会社の顧客となっている家をまわるだけでなく、新規のお客様を開拓するために、朝から夕方まで走り回る日々です。
会社に戻ると書類整理を行わなければなりませんし、会社からは資格取得のために勉強をしなさいと言われるので休む暇がありません。
大学の同期と話をしていても、みんなが仕事に慣れるまでは大変だから仕方ないという話をするので、そんなものかもしれないという気持ちになりました。
同年代よりも給料は多いのは魅力的ですが、その分、残業は当たり前になっている社風だというのが嫌だと感じるようになりました。

スカイマーク、「下町ボブスレージェット」でソウルへチャーター便運航 下町ボブスレー関係者向けに販売 https://t.co/ycc12n3eP4

これか。
広告代理店が税金使って、政治家もそれに乗っかった「プロジェクト」(笑)金あるな〜

— オールドスクール (@nurarinop) 2018年2月10日

大学卒業後、証券会社の採用が決まった塾講師に転職した北海道までのフライトは快適だった